LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

beatsの大人気オンイヤーヘッドホン、Beats Solo3 Wireless の魅力をお伝えします!!

 

2ステップの簡単設定

お伝えしたいポイントは沢山あるのですが、ひとまず使ってみましょう。

 

まずは初期設定
W1チップを搭載しているので、iPhoneとのペアリングはたったの2ステップで出来るんです!

1,右ユニットの電源ボタンを5秒押し続けます。

※LEDが点滅すれば準備完了。

 

2,iPhoneに表示される「接続」ボタンを押す。→これで完了!

※設定を開くことは勿論、ロックを解除しておく必要もありません。
2回目以降は、電源を2秒押しでONにするだけで、自動的にペアリングされます。

 

聴いてみました

ペアリングできたら、早速聴いてみます。
イヤーパッドがふわぁ〜という感じでシフォンケーキみたいに柔らかいので、装着するだけで結構周りの音が遮断されます(パッシブノイズアイソレーションというそうです)。

 

装着イメージ。

音の印象は、少し低音よりですが、とてもバランスが良いです。
音楽、リスニング、ゲーム、どれを聴いても違和感なく聴ける印象。

ダブステップも、アカペラのバラードもプレイリストに入っている私には大変ありがたいバランスの良さ。
ただし、耳の上に乗せるオンイヤータイプなので、密閉型のイヤホンやオーバーイヤー型よりはどうしても隙間が出来やすいので、音量あげすぎると音漏れします。
耳の健康の為にも音量の上げ過ぎには気をつけましょう…

 

ダントツのバッテリー持ち

ちなみに、付属のイヤホンケーブルを使えば、バッテリー切れでも有線で使えます。
ただ、バッテリーが約40時間持つ上、5分充電3時間使えますのであまりバッテリー切れの心配がいらないのです。
40時間という駆動時間は、beatsのワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの中でも、ダントツのバッテリー持ち。
通勤や通学で毎日使う人には嬉しい仕様ですね(^^)

<beats ワイヤレス製品の最大駆動時間(目安)>
BeatsX・・・・・・・8時間
Powerbeats3・・・12時間
Studio Wireless・・・22時間
Solo3 Wireless・・・40時間

 

工夫されたデザイン

もう一つ、個人的にオススメしたいポイントが。
beatsは、機能は勿論ですが、デザインも他にはない工夫があるんです。

左には3.5mmジャック、右には充電ポートと電源ボタン。
一見するとボタンが1つしか無いですね。

もしかして、リモコン操作はできないの?と思ったそこのあなた!
ご安心ください。左側のユニットで音量調節は勿論、siriの起動までできるんです♪

※b部分を2度押しで次の曲、戻る時は3度押し。長押しでsiriが起動します。

 

豊富なカラーバリエーション

機能もデザイン性も兼ね備えたSolo3 Wirelessですが、カラーバリエーションも凄いのです。
2017年10月末時点で、なんと13色!!

これは間違いなくお気に入りのカラーが見つかりますね。

 

今回レビューで使用したのはこの秋新登場の新色、マットゴールド。
何と言ってもiPhone8のゴールドにベストマッチ。
そして、ロゴなどにきらめくピンクがかったゴールドが良いアクセントになっていて素敵♪

※iPhone7と比べると、ピンク系が強いです。iPhone7に合わせたカラーもありますよ。

 

付属品

付属品は下記の通り。

・ユニバーサルUSB充電ケーブル
・3.5mm Remote Talkケーブル
・キャリングケース、カラビナ
・クイックスタートガイド

beats製品に保証書は入っておりません。商品お届け時に同封の「ご購入証明書」が保証書代わりとなりますので、無くさずに保管してくださいね。

 

 

まとめ

Beats Solo3 Wireless、老若男女選ばないデザインと機能性。
ストレスなく、iPhoneと毎日どこでも快適に音楽を楽しみたい人にオススメの商品です。

 

【ご購入はこちら】
キットカット オンラインストア

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket