LINEで送る
Pocket

Powerbeats³のブレイクブルーをお借りしました。

 

第一印象は、色がきれい!すごく発色の良い深い青色です。
カラバリの中では一番好きな色かもです。

 

 

さっそく開封

どどん。

箱は二重になっていて、内容物は

・本体
・充電ケーブル
・シリコン製キャリーケース
・イヤーピース×3組
・説明書等
・ステッカー

となっています。

 

まずは本体をチェック。
手に持ってみた感じ。イメージしていたよりは軽くコンパクトです。

さり気なくエンボスされたロゴが綺麗ですね。

 

ケーブルは思っていたより太くて、平打ちうどんみたいな形状です。
普通に使って絡まって解けなくなることはないんじゃないかと思います。

 

イヤーフックは意外と柔らかくてくにゃりと曲げられます。
このイヤーフック、耳にはめるのがちょっと難しくてモタモタしてしまうんですが、長時間していてもさほど痛くはならないです。

 

リモコンのボタンは平たくて押しやすいです。
外側のボタンで音量の+−調節、真ん中のボタンで再生/一時停止/トラック進む/トラック戻るの操作が可能です。

 

電源ボタンはL側上面にあります。長押しで白い電源ランプが点灯します。
電池残量が少ない時はこのように赤く点灯します。

 

充電ケーブルの差込口はL側の下面にあります。端子はMicro-USB。

 

説明書類やイヤーピース、シリコンケースや充電ケーブルなどの付属品は、黒地に凝ったニス加工の施されたかっこいい箱に入っていました。

 

キャリーケースはすべすべして手触りの良いシリコン製で、押すと口が開く、ごくシンプルな構造になっています。
何となく可愛くて思わずパクパクして遊んでしまいました。

 

柔らかい素材でくにゃりとします。

 

イヤホン本体を入れる分には出てきてしまうことはないかと思いますが、
充電ケーブルを入れたケースをカバンに入れておいたら充電ケーブルがケースから出てしまったので注意です。

 

イヤーピースは標準で付いているものの他に3種類付属しています。

 

イヤーピースのパッケージにはシールで蓋がしてあり、衛生的ですね。

 

大中小のサイズがあり、中サイズはキノコ型?というような二重の形をしています。
Powerbeats³付属のイヤーピースはどれも筒部分が一般的なイヤーピースと比べると広くなっています。

 

本体に装着してみるとこんな感じになります。

装着感(※女性の耳で試した感想です。)

標準…まず最初に試したのもあって、一番しっくりくるサイズ感です。
大…耳には入りますが、圧迫感があります。そのぶん遮音性は高いですが、長時間の使用だと疲れると感じます。
中…細身のため、かなり緩い装着感です。形状は好きな感じなので、もう少し大きかったらちょうどよかったかと思います。
小…かなりゆるめです。装着感としては、イヤーフックで支えて、イヤーピースは添えるだけといった感じです。

 

 

iPhoneで実際に使ってみる

Powerbeats3 ワイヤレスイヤホン

噂には聞いていましたがW1チップが本当に便利!

 

接続が本当にあっという間でした。
電源押して、iPhoneにシュッと出てくる接続ボタンをタップするだけです。2秒で終わりでした。

音質に関しては全くの素人意見なのですが、バランスがよくて聴きやすいんじゃないかなと思います。
イヤーチップが広めに出来ているからか、全体的にふんわりとして尖ったところのない響きだと感じました。

打楽器で言うと、バスドラムなどの迫力のある楽器はさりげなく響き、メインのメロディーを引き立てる感じです。
逆に木琴や鉄琴などのパーカッションはとても繊細でクリアに聞こえるような気がして驚きました。

 

 

Macでも使ってみる

W1チップの強みはなんといってもApple IDで紐付けされたApple製品間での連携!
せっかくなのでiPhoneで登録したPowerbeats³をMacでも接続してみました。

 

・iMac(OS 10.9 Mavericks)
W1チップでの接続非対応。右上のBluetooth設定画面から手動で接続しました。
旨味は少ないですが、もちろんiTunesからの曲はしっかり再生することができます。

 

・MacBook(OS 10.13 High Sierra)

iCloudにサインインしている、OSがSierra以降の端末なら、新しい設定やペアリングのし直しを必要としません。

Bluetooth接続メニューにすでに「〇〇のPowerbeats³」が登録されている状態です。
あとは選択するだけで、自動的にiPhoneから切り替えてMacで音楽を聴くことができます。

細かい設定とかいいから今すぐに音楽が聴きたい時に大活躍しそうです。

 

実際に体験してみて、今まで毎回当たり前にやっていたペアリング作業が、いざ無くなってみるとなんと煩雑であったことかと思いました。

普段は四六時中音楽を聴いているわけでもなし、そんなにオーディオ機器にこだわりはないな〜って人も(私もそうですが)、
これを使い始めたら、音楽がもっと手軽で身近なものになるのではないかと思います。

Powerbeats³、まさにApple製品複数台持ちさんにこそおすすめしたいワイヤレスイヤホンであると言えます。

 

 

色々検証してみる

これまで普通に使った感想などを書いてみましたが、いくつか疑問もあったので色々試してみました。

 

・どれくらい遠くまでBluetooth接続できるの?

手持ちのiPhone 6sに接続して検証してみたところ、屋内では10mほどで階を跨ごうとしたところで接続が切れてしまいました。
あくまで再生機器は手元にある状態での使用が前提かと思います。

 

・運動中に外れたりはしない?

これについては、普段あまり運動をしないので、軽くですが着用したままジャンプしたりジョギングしたりしてみました。
イヤーチップが緩いと少しずれてしまう可能性がありますが、フックで支えられているので外れることはないと思います。

 

・5分の充電で1時間使えるってほんと?

充電がすっからかんで接続の切れたPowerbeats³をきっかり5分だけ充電してみました。
すると電池残量は10%に。

ちょっと心もとない数字かと思われるでしょうが、この10%が意外なほど保ちがいいです。
MacBookの最大音量で音楽を再生し続けた結果、55分間ほど保ってくれました。これなら普通の音量で1時間は堅そうです。

 

・どれくらい音量が出るの?

家でiPhone/PCに接続して、外なら音漏れ覚悟というくらい、音量を最大まであげてみました。
耳に装着せず、机に置いておいてもはっきり音が聞こえるくらい大きな音が出ますが、案外短時間なら直接聞いても苦にならない音量です。

個人的にはイヤーピース部分が長めが好みなので、その辺にあった他機種のイヤーピースを付属のキノコ型イヤーピースに重ねづけしてみて、フィット感を向上させてみました。
iTunesでイコライザなどもいじってみると、そこそこの音量では聞こえなかった重い低音やバックコーラスなどがはっきり聞こえてきます。
ただ、あまり長くやるのはお勧めしませんので、参考までに。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
さわりだけではありますが、製品の雰囲気や使用感、機能などをお伝えできていれば幸いです。

個人的には、やはりPowerbeats³の一番の魅力はW1チップを搭載したことによるAple製品間でのペアリングの簡単さだと感じました。

iPhoneをお使いの方で、MacだけでなくApple WatchやiPadなどをお持ちの方、購入をご検討されている方には是非お勧めしたいと思います。

 

今回ご紹介したお色はブレイクブルーでしたが、Powerbeats³には10色もの豊富なカラーバリエーションが揃っています。
きっとお気に入りが見つかるのではないかと思います。

 

 

【ご購入はこちら】
キットカット オンラインストア

LINEで送る
Pocket