LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

iPhoneにイヤホンジャックが無くなってから数年の時が流れました。

Bluetoothのイヤホンの進化は目覚ましく、ノイズも無くほとんど途切れず高音質で快適な左右独立型へと進化していきました。

それでもなお、Lightning端子をイヤホンジャックに変換するアダプタが人気の理由のひとつ…

Bluetoothイヤホンの弱点『音の遅延』

動画再生では気にならない程度の少ない遅延でも、ゲーマーからすれば死活問題。

敵からの発砲に対する反応が0.5秒遅れるだけで、ゲームの勝敗を大きく左右します。
リズムゲーマーにとっては、左右独立型イヤホンでのゲームプレイは不可能と言われています。

その状況を打破すべく、我らがゲーマーの味方RAZERから、ついにゲーマーのための左右独立型イヤホンが登場しました!

その名も『HAMMERHEAD TRUEWIRELESS』!!

早速見てみましょう!

 

箱の中身は左右のイヤホン本体と充電ケース、充電用のUSB Type-A to Type-Cケーブル、ストラップ、シリコンイヤーピースとなっております。

本体はオープンイヤー型のイヤホンです。真っ黒のボディがカッコイイ!

ハウジング部にはロゴマーク。よく見ると少しぷくっとしたような印刷で、こだわりを感じられます。残念ながら光りません。

耳に入れる部分は平べったくて、一般的なオープンイヤー型とは少し違いますね。
当店でも一番人気の、白いオープンイヤー型の某イヤホンとよく似ています。

充電ケースはかなり小さくて超シンプル。
ストラップホールがついているので、付属のストラップはもちろん、好きなストラップをつけることができます。

ストラップホール。

 

付属のストラップを装着した状態。

 


フタや本体はマグネットでパチッと収まるので安心です。フタが開いたままひっくり返しても、簡単に落っこちたりしません。

私の耳にはそのまま付けてもしっくり来ましたが、シリコン製のイヤーピースをつけることで更に安定した装着感になりました。


イヤーピースを装着した状態。見た目も損なわず、イヤーピースをつけたままでも充電可能なのもポイント高いです。

充電ケースのは付属のケーブルなど、Type-Cのケーブルにて行います。


付属のケーブルはしっかりした作りで、RAZERのロゴが描かれています。とってもカッコイイですね!

USB Type-C端子は本体の後ろ側です。
充電中でもフタが開閉しやすいです。

装着してみました。

軸が長くて目立つタイプです。
黒なので、カッコイイ印象です。
これも某イヤホンとよく似ていますね…!

イヤホンの駆動時間は約4時間、ケースでの充電を挟めば最大16時間駆動が可能です。
バッテリーの駆動時間は最近の左右独立型のイヤホンとしては少し短めの印象。
充電時間は最長1.5時間で、急速充電モード等の記載が無かったので、バッテリーに少し不安が残ります。

ぶっ通しで何時間もプレイしてしまう私のような廃人ゲーマーとしては心許ない数値ではありますが、さすがにイヤホンの充電のタイミングで休息する時間を設けた方がいいというRAZERさんの配慮だと思います。
ゲームをプレイする時は適度な休憩を心がけましょうね!!!

 

まずは音楽で使ってみた。

音質を確かめるべく、音楽を流してみました。
比較的クセの無いマイルドではありますが、オープンイヤー型のイヤホンとしてはきちんと低音が鳴っています。
ボーカルが際立って聞こえながらも、高音は刺さらず優等生な音質です。
細かい音は遠目に鳴っているような印象を受けましたが、雑な処理という訳ではなく、オープンイヤー型ならではの空間が広く感じられる音質という印象です。
とにかく聞き疲れしにくく、壮大なバラードで真価が発揮されたように思います。

最近のイヤホン市場はカナル型が多く、細かい音の表現や低音をウリにした物が多い中で割と個性的なタイプではあると思いますが、音質の良し悪しで言えばHAMMERHEAD TURUEWIRELESSは同価格帯の左右独立型イヤホンの中ではかなり良い部類に属すると思います。
見た目もカッコイイので、ゲーマーさん以外の方にも是非使っていただきたくなります。

ゲームで使ってみた。

ハウジング操作でゲーミングモードに変更して遊んでみました。
ハウジングのロゴ部分を2回タップと長押しという操作ですが、うまくいかなくて何度か試してやっと「ゲーミングモード」と音声が入りました。
感度のせいなのかタップのタイミングがシビアなのかわかりませんが、ビシッと決まりませんでした。
慣れが必要かも知れませんね。

荒野行動してみました。

普段は有線のイヤホンで遊んでいるんですが、普通に問題無く遊べました。

私は拍子抜けするぐらいほとんど違和感を感じませんでした。これはすごいことです!!

それで、リズムゲーは遊べるの?

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)を遊んでみました。

リズムゲーが得意なわけでは無いのですが、デレステで言うところの難易度26までの楽曲が1、2曲フルコンできるくらいの実力です。

タイミング調整モードを使って遅延を測ってみましょう。

まずは本体内蔵スピーカーでプレイ。


え?-2??
正しくリズムが取れていれば0で落ち着くはずだったんですが、何度やっても-2もしくは-3にしかならなかったので、私のリズム感だとこのような結果になってしまうようです。悲しい。

一般的な左右独立イヤホンでプレイ。

30…!
タイミング調整モードの後、ノーツ(ボタンを押すところ)が降ってくるテストライブを遊べるんですが、タイミング調整を行ったので音楽に合わせてノーツが降ってくるのに、ノーツを押した時の効果音が超遅れて来る為、頭が混乱しました。

音ゲーは左右独立型イヤホンでは無理!と決めつけ試したことが無かったので、せっかくなのでこの状態で楽曲をプレイしてみたのですが、かなり遅れて来る効果音が不快にリズムを崩してきて、フルコン余裕のはずの難易度20の楽曲の中盤でライフがなくなってしまいました…。

ちなみに、HAMMERHEAD TURUEWIRELESSの通常の状態でも、同程度の結果が出ました。

 

HAMMERHEAD TURUEWIRELESSのゲーミングモードでプレイ。

11!
遅延はしているのですが、先程の30と思うと大幅に0に近づきました。
テストライブを遊んでみたらやっぱり効果音は遅れてくるんですが、明らかな遅延の低減を感じられました。
これならなんとかギリギリ…いけそうな気がして来ました!!

先程と同じ楽曲をプレイしてみました。
リズムが乱れてNICEやBADが複数回出てしまいましたが、なんとかクリア!

本体内蔵スピーカーや有線のイヤホンのようには行きませんが、遊べるレベルに来ていると思います。

スコアアタックは難しいでしょうが、とりあえずクリア回数を稼いでおくのが大事なイベントの消化はできそうな気がします。

不可能を可能にしたレベルと言っても差し支え無いと思います。
これは本当にすごいことです!!

私のような推しを愛でることに重きを置いてプレイしているリズムゲーマーとしては、出先で左右独立型イヤホンで音楽を聴きながら、電車で運良く席をゲットしたときなどに、とりあえずではありますが楽曲がクリアできるレベルで遊べるのはかなり重宝すると感じました。
これは買いです。私、買います。

左右独立型イヤホンでありながら、ゲーマーの為に超低遅延を実現したRAZER HUMMERHEAD TURUEWIRELESS。
音質も文句なしで防滴性能IPX4を備えており、マイクで通話も可能。
ハウジングをタップすることで、再生や一時停止などの基本操作が可能なので、カッコイイ左右独立型イヤホンをお探しの、ゲーマーさん以外の方にも自信を持ってオススメできる逸品です。

既に話題の大人気商品で、発売前からたくさんのご注文をいただいております!!

欲しい!と思ったらご注文はお早めに!

以上、キトカでした☆

【ご購入はこちら】

オンラインストア
キットカット 楽天市場店
Premium Selection 楽天市場店
キットカット Yahoo店

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket