LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

街中を歩いていて付けてる人を見ない日は無いほど定番となった、左右独立タイプのイヤホン。
特にその中でも目を惹くのが、長い軸の部分が特徴的なAirPods。

完全ワイヤレスイヤホンと言えばAirPods。

そのAirPodsから完全新型『AirPods Pro』が発売

細かい仕様は以前にも記事にしましたのでこちらも併せてご覧下さい。

今回は実際に使って体験してみました!!

早速開封してみよう!

箱の中身は充電ケースと本体、充電用のLightning⇔USBType-Cケーブル、S/Lサイズのイヤーチップ(Mサイズは本体に装着済み)、スタートガイドと説明書です。

まずは充電ケースを見てみましょう。

従来のAirPodsと比べると、横と縦の比率が入れ替わって一回り大きくなった感じです。
AirPods Proはワイヤレス充電対応の充電ケースのみとなっております。

付属のケーブルはLightning⇔USBType-Cケーブルとなっております。


USBType-C端子のACアダプタをお持ちでない方も多くいらっしゃると思いますので、注意が必要です。
お手持ちのLightning⇔USBType-Aのケーブルの充電器でも充電は可能ですので、ご安心下さい。

本体は形状が大幅チェンジ。
インナーイヤー型→カナル型になり、イヤーチップがついています。
AirPodsの代名詞の長い軸の部分も短くなりました。

短くなった軸の部分はセンサーになっており、つまむように触れることで様々な操作が可能です。

 

他のカナル型とは一味違う!Appleらしい自然な装着感。

従来のAirPodsとAir Pods Proの大きな違いと言えば、インナーイヤー型→カナル型への形と見た目の大幅な変化。

カナル型イヤホンと言えば、シリコンなどの柔らかい素材のイヤーチップがついている耳栓型のイヤホンです。
音漏れが少なく没入感の高い状況を作り、低音や細かい音の描写が聴き取りやすいようにできています。

カナル型の欠点といえば、耳の疲労が大きいこと、イヤーチップを紛失してしまうと使用できないこと、耳に入れている本体部分に汚れが付いてしまったときのお手入れの大変さ。

従来のカナル型イヤホンは、イヤーチップの中心部分は細い本体部分になっており、イヤーチップを軽く押すとすぐに硬い部分の質感を感じます。
これが長時間着用したときの耳の痛みや疲労に繋がってるのではと思います。

AirPods Proはイヤーチップ部分を押しても柔らかく、長時間装着しても痛みや疲労を感じにくい作りになっています!
イヤーチップをよく見てみると、平たい本体部分にイヤーチップがガッチリはまっています。

硬い部分が耳に入らず、とっても快適。

イヤーチップを外す際はそれなりに力を入れて思い切って引っ張らないと外れないので、イヤーチップが緩んで外れて紛失してしまうことはほとんど無いように思います。
装着する時は、本体のくぼみとイヤーチップの形をあわせて押し込むと、パチッと音が鳴って簡単に装着できました。
なんだかクセになる手応えです…!つい何回か付け替えてみてしまいました。

外したイヤーチップをよく見てみると、本体部分に汚れが侵入しないようにイヤーチップの穴の部分が網目状になっています。


イヤーチップは水洗いが可能なので、お手入れも楽ちんですね!
イヤーチップを水洗いしたあとはしっかり水分を拭き取るか、しっかり乾燥させましょう。
AirPods Proは耐水性能がありますが、本体の水洗いには対応していないのでご注意下さい。

耳の圧力を均一にする機能も付いており、イヤホンの押し込みすぎによる圧迫感や違和感もありませんでした。
インナーイヤー型→カナル型になったことによる装着感の低下は一切感じず、むしろ安定感が増して装着感はかなり良くなったように思います。

カナル型イヤホンながらカナル型の欠点を感じないAirPods Proは、イヤホンの常識を変える新定番となること間違いなし!!

 

ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの質の高さに驚き!!

AirPods Proの最大の特徴は、Apple純正初のノイズキャンセリング機能付きのイヤホンであること。
装着すると、すぐにノイズキャンセリングがオンされました。
周囲の騒音がスッと遠のいたような、自然で質の高いノイズキャンセリングです。

ノイズキャンセリングのイヤホンやヘッドホン中には、ノイズキャンセリングが効き過ぎて「し〜ん…」とした重苦しさを感じたり、聞いている音楽まで歪むような感じがしたりすることがありますが、AirPods Proのノイズキャンセリングは嫌味が無く、それでいて強力なノイズキャンセリングです。

オフィスで使ってみた所、話し声や足音にはかなり強力に効きました。
電車や飛行機などの乗り物の中で他人の話し声は結構気になるものなので、単純な耳栓としての使用も考えたくなります。
キーボードを叩く高めの音は残ってしまいましたが、音楽を流せば全く気にならなくなる程度ですので、ノイズキャンセリングとしてはかなりの完成度です。

そして、外部音取り込みモードが素晴らしい。
本体の軸のセンサーを長押しすることで、瞬時にノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替えることができます。

ほんの少し「サーッ」というノイズが入りますが、カナル型のイヤホンをしているのを忘れるくらい自然に外部の音が取り込まれます。
距離感がおかしくなったり自分の声が変に聞こえたりせず、驚きの仕上がりです。

イヤホンを片方外せば音楽は止まり、付けている方のイヤホンは外部音取り込みモードになります。
突然話しかけられてイヤホンを片方外したのに、もう片方がノイズキャンセリングしてて結局よく聞き取れなかった…なんてことはありません。

ユーザーのことをよく考えてくれているのは、さすがAppleです。

まとめ

驚いたのは圧倒的な快適さ。
私が今まで使用したどのイヤホンよりも快適で、インナーイヤー型とカナル型の良いところをすべて詰め込んだ次世代のイヤホンと言っても差し支えない快適さです。
カナル型が苦手だった方にも是非試してみてほしいです。

Apple H1チップも搭載され、Apple製品との接続の手軽さはそのまま、音質も従来のAirPodsに比べると細かい表現力がアップし、低音も効いています。

カナル型になり密着度がアップしたことと、耐水、耐汗性も備えており、暑い季節やスポーツシーンでの使用にもApple純正のAirPods Proという選択肢が広がりました。

長時間付けていても苦痛にならない設計、可能な限り生活の邪魔をしない仕様。
AirPods Proが魔法と言われるのも納得です。

 

【ご購入はこちら】

キットカットオンラインストア

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket