LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

E-sportsの流行で需要が高まる各種ゲーミング機器。
ゲーミングという世界ではマウス、キーボード、ヘッドセットなどは自分の手足や五感をゲームの中のキャラクターにゆだねる物
プレイヤーによって機能や見た目などこだわりの出し所ですので、非常に幅広く、また尖ったデザインの物も数多くあります。

中でもゲーミング機器のハイエンド機種を多数扱うメーカー、Razerは多くのファンに愛されています。
デザインはもちろん、性能も(そして価格も笑)最先端をいくゲーミング機器メーカーです。

今回はそんなRazerの最新モデル「BlackWidow Elite(グリーンスイッチ軸)」をお借りしました。
早速レビューしていきたいと思います。

ですが、まずレビューの前に…
Razer製キーボードは多数の機種が発売されており、「正直違いがよくわからない…」という人も多いのではないでしょうか。
現在のRazerキーボードは、同じように見えてそれぞれ特徴的な機種が発売されています。

他にもメカ・メンブレンタイプの「Ornata」シリーズや、最上位モデルの光学スイッチ軸採用モデル「Huntsman」など、ここではは書ききれないくらいのモデルがあります。
ですが、調べてみるとそれぞれ軸となるモデル名ごとにしっかり特徴が分かれていると感じると思います。
Razerゲーミングキーボードを検討中の方は、Razerの各モデルの特徴を一度じっくり調べてみてください。

今回レビューするBlackWidow Eliteは、BlackWidowシリーズの上位モデルですね。

ちなみに「BlackWidow」シリーズは Razerのゲーミングキーボードの代表的なモデルです。
ゲーミング用途のハードな使用にも耐えるモデルであり、メカニカルスイッチタイプなので用途に合わせてスイッチ軸を選べます。
さらにモデルによっては防水・防塵性能を備えているものまであります。

テンキーレスのTounamentEditionモデルなど、Razerのキーボードの中では最も数の多いラインナップですね。

今回レビューする「BlackWidow Elite」には既存のBlackWidowモデルにはない新機能がいくつか追加されています。
一番目を引くのが、右上の「マルチファンクションデジタルダイヤル&メディアキー」ではないでしょうか。

実は同社のハイエンドモデルキーボード「Huntsman Elite」にも搭載されています。

こちらは端末の音量調節やオーディオの曲送り・再生などに対応したコントロールキーです。
ダイヤル中央部分にはミュート機能もついています。

ゲーム中に音楽なんて聞かないんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが…
プレイ中に音量調節をキーボード上で行えるのは、なかなか便利ではないでしょうか?
FPSなどで相手の足音を聞き分けたい時には音量を上げたくなるでしょうし、銃声や爆発音がうるさいシーンでは音量を絞りたい時もあるかもしれません。
また、こちらはSynapseで機能を割り振れるのでヘッドセットマイクの音量調節に使うこともできます。

と、ゲーミング用途の使用を想像しながら書いてみましたが、こちらの記事作成中に音楽を流しながら記事を作成してみました。
バックグラウンドで再生していても作業中にコントロールできるので、普通のオーディオコントロール機能としても大変便利です!
iTunesでは問題なく動作しました。

オーディオ関係の機能としてもう一つ、キーボード左側面にヘッドセットポートとUSB2.0ポートがついています。

左側についている理由は、左手用デバイスやヘッドセットのケーブルが右手のマウス操作の邪魔にならないように、との配慮だそうです。
ゲーマー目線の意見が取り入れられた配慮はRazerならではの設計ですね。

このUSBポートと3.5mmオーディオポート接続用の端子は、1本のケーブルからこちらの写真のように途中からそれぞれ3本に分岐します。

接続端子がオーディオポート用3.5mm端子、キーボード用USB端子、左側ポート用USB端子と分かれています。

接続時の取り回しに若干難がありそうですけど、デスクトップPCなどに接続する場合は頻繁に繋ぎ替えたりすることもないので、そこまで問題ではありませんでした。使用する端末やシチュエーションによって必要なものだけを接続できるのはユーザーフレンドリーで好印象ですね。

左側ポート用端子にはPORTの刻印があります。

ノートPCでの接続時には、端末のUSB端子の位置によって左右に接続端子が別れてしまうとそれぞれ届かない場合があるので、ハブなどを使ったほうが良さそうです。
ケーブルはファブリック素材でかなり太いので、断線の心配はなさそうです

また、既存のBlack Widowモデルよりもスイッチ軸部分まわりがむき出しになっているのも特徴です。
よりバックライトが光るように」との配慮でしょうか(笑)
メカニカルな部分が見えるので、こういうのが好きな人にはたまらないと思います。
ちなみに私はたまらないタイプです。

おなじみのリストレストも付属です。
装着するとロゴが見えなくなるところもおなじみですね。

Windowsで使用するには、Razer Synapse 3でライティングやキー配置などをコントロールできます。
ロゴ部分まで細かくコントロールできるので、かなりこだわれますね。
この設定だけで1日中悩めそうです。

私物のWIndows機で試しました。
設定できるポイントが細かい!

ということでMac版SynapseをインストールしたMacに接続してみると…

残念ながら、BlackWidow EliteはSynapse3対応モデルとなるため、Synapse2までしか対応していないMacでは使えないのでは…

私のMac環境ではSynapseがBlackWidow Eliteを認識してくれませんでした…

ですが!

Synapseが反応しなくてもそのまま接続すれば通常の使用は問題なく使えました!一応メーカー的にはWindows対応モデルなので、全てのMac環境で動作するかはわかりませんが…

キー配置がWindows仕様なので、Macでお使いになる場合はコマンドキー、修飾キーなどの設定をすればOKです。

キーボードだけでもライティングの強弱の設定などはできますが、Mac版Synapseにはまだ非対応なので細かいライティングの調整などはできません。

前置きが長くなりましたが、さっそく使ってみたいと思います。


PS4に接続して、2タイトルで使用してみました。

PS4に接続して、2タイトルで使用してみました。

1つ目は「fortnite
PS4でもキーボード操作に対応しているタイトルは少ないですが、こちらは公式に対応しています。
本体のUSB端子に接続すれば、キーボードと左側ポートに接続したマウス操作ができました。

左手はWSADキーに、右手はマウスというポジションで操作してみましたが、押した感触がしっかりあるので操作感は良好です。
ゲームの特性上、四六時中キーを連打するタイプのゲームではなかったのですが、やはり出会い頭の撃ち合いになると打鍵音が響きます。

2つ目は「Final Fantasy 14
こちらもキーボード・マウス操作に対応したタイトルですが、戦闘時キャラクターの操作でスキルの発動にキーを連打することが多いので打鍵音がかなり響きます。

私のキャラクターのジョブはモンクなので、スキルでコンボをつなごうとすると打鍵音が気持ちよく響くので爽快感がアップしました。
ただ、戦闘中にボイスチャットをつないでいるとどうしても打鍵音が入ってしまったりしますので、チャット中の音が気になるという方は、同モデルの静音タイプイエロー軸・オレンジ軸がおすすめです。

私は打鍵音が心地良いタイプなので、気になりませんでしたが(笑)
このあたりは好みや使用環境によると思うので、お使いの環境に合わせてスイッチ軸を選んでください

もちろん通常の入力機器としても使用してみました。
やはり緑軸では文字入力時にかなり音がするので、オフィスや自宅での入力作業で周囲の方に配慮して静音性を重視するのであれば、イエロー軸・オレンジ軸をおすすめします

今回のレビューまとめ

キーボードの性能自体は非常に優秀で反応速度も早く、キーボード自体に重量があるので、入力中にキーボードが動いたりすることもなく快適です。
左側面のUSBポートとオーディオポートも、入力補助機器やヘッドセットなどを接続できるのでなかなか便利ですね。

MacやPS4での動作は私が使用した限り問題なさそうでしたが、メーカー的にはWindowsのみ対応モデルとなるようです。WindowsのゲーミングPCをお使いの方にはぜひオススメしたいキーボードです!

背面のブリッジは3段階に調整でき、リストレストも付属するので普段使いのキーボードとしてもおすすめできます。
光るのが気になる方はバックライトを切って使ってください。
Synapseをインストールしなくても、fnキーとファンクションキーで光量調整はできますよ。
もちろん、バックライト全開でオフィス内で光らせて目立つのもいいかもしれませんね(自己責任でお願いします)

音楽を聞きながら作業する方には、マルチファンクションダイヤルでのメディアコントロールがかなり便利です。
激しいキー連打などエクストリームな用途に向けて作られているキーボードなので、耐久性も抜群です。

お好みのスイッチ軸でぜひどうぞ!

【ご購入はこちら】
キットカット オンラインストア
キットカット 楽天市場店
Premium Selection 楽天市場店
キットカット Yahoo店
キットカット Amazon店

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket