LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Beats by Dr. Dre よりurbeatsが新しくurbeats3として登場。

3.5mmイヤフォンジャックモデルと、Lightning接続端子モデルの2種類がありますが、
今回はiPhoneやiPad等で使えるLightning端子モデルのレビューとなります。

レビューに使用したカラーはマットゴールドとなります。

 

パッケージ写真

第一印象としては先に発売されたワイヤレスタイプのBeatsXと同じでロゴ以外は
パッケージのデザインなども、ほとんど見た目はわかりません。

 

商品はお重箱のようになっており、イヤフォンを取り出すとイヤーピース、ウィングチップ収納されています。

 

その他、取扱説明書、ステッカー、シリコン製のケースが封入されています。

3.5mmイヤホンジャックモデルとの違いはプラグ端子とカラーバリエーション。
カラーリングは最新のiPhone8とiPhoneXと合わせやすい
マットゴールド、マットシルバー、ブラックの3色。

 

スタッフにiPhone8ゴールドをお借りし、合わせてみました。
統一感のあるカラーはAppleとBeatsならでは。

 

iPhoneX スペースグレイとのコントラストある組み合わせも悪くない?

Lightning端子に差し込んで、イヤホンのコントローラーの再生ボタンを押すだけで
iTunseから音楽が流れ始めます。

音楽の操作は勿論、Siriや電話にも使えるので便利。

 

左右のイヤホンには磁石が内蔵されているので、イヤフォン同士ひっつく事により、
コード1本になる事で絡みにくく、束ねてケースに収納しやすくなります。

 

イヤーピースとウィングチップ。
サイズやSMLとダブルフランジ、ウィングチップ大小が付属しています。
装着感やサウンドの好みに合わせて選ぶ事ができます。

 

イヤーピースは標準で装着されているMサイズを使用。
男性の耳だと少し外れやすい気がしたのですが、付属のウィングチップを付ける事で
かなり落ちにくくなりました。

Lサイズですと、耳孔との密着感が増し、ウィングチップなしでも使えそうです。
ランニングなどする場合は、ウィングチップを使用した方が良いと感じます。

通勤時に電車内で視聴しました。
全体的に音声の出力は高めでiPhoneの音量半分程度でも、
低音を十分に楽しめ、中高音域に関しても音の広がりを感じる事ができます。

長い間聴いていても疲れにくい、メリハリのあるバランスの良いサウンドだと思います。

 

Lightningモデルとの違いについて。

3.5mmジャックは汎用性が高いので、MacやPC、iPod、AndroidなどiPhone以外の
プレーヤーでも音楽を楽しめます。

但し、iPhone7以降のiPhoneで音楽を聞く場合は、別途変換アダプターを挟む必要がありますし、
見た目のスマートさ、美しさに欠けます。

 

LightningジャックはiPhoneで音楽を視聴するなら見た目の美しさも損なわれませんし、
ワイヤレスイヤホンのように充電や音途切れの心配が無い事がメリットになります。

価格も1万円以下でBeatsサウンドを楽しめるので、iPhoneと使うなら断然オススメです。

 

【ご購入はこちら】
キットカット オンラインストア

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket