LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

 

当店随一の人気イヤホン・ヘッドホンブランド「Beats」。
そのbeatsのヘッドホンのエントリーモデルである『Beats EP』をレビューしてみました!

 

Beats EPの特徴

■ サウンドの新境地へ。
Beats EP オンイヤーヘッドフォンなら、精巧にチューニングされたサウンドで、アーティストが聞かせたい音楽をそのとおりに満喫できます。
細やかなチューニングにより、幅広い音域とクリアなサウンドをバランスよく実現。
初めて Beats をお使いになる方に最適です。

■ 毎日のお供に。
Beats EP は頑丈なうえ軽量なので、快適にご利用いただけます。
フレームは耐久性に優れたステンレススチール製で、上下に調整可能なヘッドバンドでぴったりフィットしますので日常的にお使いいただけます。

■ どこへでも連れ出そう。
Beats EP はどこにでも持ち歩けるように作られています。
電池を必要としないので好きなだけ再生でき、 簡単なケーブル接続によって音楽に集中できます。
ぜひ、どこへでも持ち運んでお楽しみください。

 

 

開封

シンプルでAppleライクなパッケージです。

 

外側を外すと真紅の箱が現れます。

 

 

上蓋を外すと・・・
「CHANGE THE WAY YOU HEAR SOUND」のシンプルなメッセージが。
「音の聴き方を変える」ってな感じでしょうか。

 

beatsのロゴカラーと同じ、力強いレッドが眩しい!

 

付属品はbeatsロゴ入りのヘッドホンケースが付属だけ。
他のbeatsヘッドホンにはしっかりとしたケースが付属することと比較するとコスト削減を感じざるを得ません。(笑)
とは言うものの、スエードっぽい感触の手触りの良い布製ケースで、質は悪くありません。
布製なので使わない時は折りたたむことができ、かさばらないのが魅力です。

 

beats製品は比較的高額で、その分高級感が漂っています。
そんなbeats製品のラインナップにおいてエントリーモデルである『Beats EP』。
1万円を切る価格設定ということもあり、各パーツの高級感は少なめですが、決してチープな感じがありません。
むしろbeatsらしさを残しつつ、カジュアルな感じに仕上がっています。

 

ヘッドホン上部にはbeatsのロゴが入っています。

 

ヘッドバンド部分は手触りの良いシリコンのような手触り。
弾力があるので、頭に装着しても違和感がありません。

 

個人的に気に入ったのはイヤーパッド。
エントリーモデルながらも、イヤーパッドがレザー調でチープな感じがまったくありません。

 

そして、とっても柔らかい!
例えるなら、マシュマロを”フニフニ”した時のような弾力を気持ちよさ。
ずっと触っていられます。(笑)
1時間以上ヘッドホンを装着してみましたが、圧迫感はほとんど感じませんでした。

 

スライダーの調節が可能。ユーザーの頭の大きさに合わせて、つけ心地のよいサイズに合わせられます。

 

イヤホンジャックにもbeatsのロゴ入り。
そして金メッキ。
エントリーモデルでもこだわるところはしっかりとこだわります。

 

ケーブルはフラットケーブル。いわゆる”きしめんタイプ”という奴です。
薄いのでケーブルが絡まりにくくなっています。

 

イヤホンジャックの直径を計測。
約6mmとiPhone 6sに付属していた純正イヤホンの約5mmより太めでした。

 

iPhone 6sに付属の純正イヤホン。

 

リモコン部分は、音量調節、曲の先送り、巻き戻し、マイクとして使用することができます。

 

リモコンはヘッドホンの左側。純正イヤホンが右側にあるので最初は戸惑いました。

 

iPhone 6sの純正イヤホンと聴き比べをしてみました。
Beats EPは中域がほどよく出ていて、純正イヤホンで聴くとぼんやりしている音が、よりクリアになって魅力的に響いてきます。
また、純正イヤホンでは感じられなかった、音が鳴っている場所、奥行きを感じることができました。
beatsというと低音がしっかりしているイメージがあったのですが、Beats EPはそんなに低音が強すぎることもなく、バランス良く音が鳴っていて、どんなジャンルも安心して聴けるという印象を持ちました。

 

まとめ

 

エントリーモデルということで、正直期待は薄かったのですが、そこはAppleブランドの傘下であるbeats。
低価格ながらも製品への妥協は感じられませんでした。

パッケージから製品まで、全てにおいてこだわりを感じます。
イヤーパッドを始めとした各パーツの手触り肌触りのよさ、絡まりにくいフラットケーブルなどの使い勝手、一目でbaatsと分かるロゴとデザイン、そしてバランスが良くて癖のないオールマイティーな音作り。

ごてごてしたbeatsヘッドホンもいいのですが、シンプルながらもbeatsらしさを失わないデザインのBeats EPもなかなかによい!

個人的には、このBeats EP、気に入りました!

 

1万円を切る価格帯ながらも、一目でbeatsと分かるデザイン。
beats製品の初めて買うなら、コスパ最高のbeats EP、オススメです!

【ご購入はこちら】
キットカット オンラインストア

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket